スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Ad

シャボン玉の世界のロミオとジュリエット(幻想的な散文詩あるいはショートショート北ビワコホテルグラツィエにて)

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


シャボン玉の世界のロミオとジュリエットシリーズ①


私達は小雨が降る湖沿いの道をドライブしていた

湖は霧のような小雨のせいか湖面が消えて

どこまでが空か地上か分からなくなっていて

幻想的な場所に向かって車を走らせているような気がした

しばらく走ると雨も小降りになってきて少し青空が見えてきた


もうお昼だね どこかで何か食べようか

僕の良く行くホテルのレストランが近くにあるんだ

いいわね フランス料理なの 

いや どちらかというとイタリア料理だね

ヴェローナていう店なんだ

ロミオとジュリエットが住んでいたという町の名前のレストランさ


しばらくしてホテルに着くと 入り口でどこか見覚えのある

女の子と男の子がシャボン玉で遊んでいる

ちょっと不思議に思いながらレストランの方へ歩いていくと

顔なじみの上品な年配の支配人が いらっしゃいませ 

いつもの席が空いています と言ってお気に入りの奥の方の

ソファーが半円形で丸いガラステーブル席に案内してくれた

今日は お忍びなんだ といつもの調子で冗談をいうと 

支配人は笑いながら どうぞごゆっくりして下さいと立ち去った


あなたよく来るの このレストラン

このホテルのレストランで僕を知らない人はいないさ

僕はちょっと自慢げに湘南弁で気取ってこたえた

何にする 僕はお気に入りのビーフシチューセットにするよ

君にもお勧めするよ 

本当に美味しいんだから 食べないと一生後悔するよ

大げさね だけどそんなに美味しいの じゃーそうするわ

いつになく彼女は素直に僕の意見に従った


僕はいつもの係りの女の子に

後でカプチーノの時ケーキもねと頼んだ

それと例のムンクの叫びでお願いしますと僕は言った

いつもの係りの女の子はニコっといたずらっぽく笑いながら

承知致しましたと言って奥に消えていった 

すると直ぐにスタッフの笑い声がきこえた

あなた また何か変なこと言ったのね

いつも冗談やいたずらをするんだから

ムンクの叫びって何なの そんなのメニューになかったわよ

僕が創ったんだ いや発見したメニューさ まー後でわかるよ


やがて私達が食事をしているとさっきまで

入り口でシャボン玉遊びをしていた

男の子と女の子がにぎやかに入ってきて

湖が見渡せる大きなガラスの窓際の席にすわった 

あなたは何にするの

僕はお子様ランチにする それとオレンジジュース

あなたいつまでたっても子供ね 

私はミートスパゲッティーとグレープフルーツジュースにするわ

僕 グレープフルーツジュース にがいから嫌いだ

だからあなたいつまでも子供なのよ

私達は子供だけで食事って ちょっと不思議だなと思ったが

小さい頃の私達もあんな風だったのかなと

微笑ましい二人のお喋りを 楽しんで食事をしていた


本当に美味しかったわね ビーフチチューセット 

そうだろ グルメ評論家の僕がいうんだから間違いないさ

お待たせしましたケーキとコーヒー 

それとカプチーノでございます 

と係りの女の子がニコニコしながら運んできた

わー ケーキ 綺麗ね 宝石みたい

上に乗ってる3つの薄いグリーンの丸い物の何かしら

マスカットに見えるけど 洋ナシを小さく丸くくりぬいたものだよ

すごくきれい 真珠みたいね 

私 食べないでアクセサリーにして洋服に着けようかしら

いいね そうしたら僕アクセサリー買わなくてすむから

あなた いつから意地悪になったの もう嫌い

もう嫌いということは 今まで好きだったということだよね

もう 本当に嫌いよ 

ごめん ごめん さー ケーキ食べようよ

あなたのカプチーノ 女性の顔みたいな模様ね

そうだろ まー見ててごらん 

そう言って 僕は少し飲んでから 

そのカプチーノを彼女の目の前にさしだした

あら 女性の顔が 変になってるわ

わかったわ 本当に ムンクの叫びみたい

あなた よく変なこと 思いつくわね

僕はこういうことにかけては 天才さ

変な天才ね 


こんなお喋りをしながらケーキを食べ終わると 

どこからともなくテニスボール位の大きな

虹色のシャボン玉がふわふわと飛んできて

私達の目の前の空中でぴたっと止まった

すると突然シャボン玉がこわれて

虹色の霧が私達の視線ををさえぎった

すると不思議なことに虹色の霧が消えると

さっきまでそこで食事をしていた

男の子と女の子はどこかに消えていた

レストランの女の子に聞くと

子供だけで食事というのはなかったとの返事だった

あまりに不思議な出来事に

いつも冗談ばかりいってるお喋りな私達も

しばらくの間びっくりして沈黙していた 


彼女が最初に口を開いた

あれは私達が持っている純粋な

子供の魂が作り出した幻影だったのよ

そうかもね といって僕はまたしばらく考えてこういった

君はバブルユニバース理論という宇宙論を知ってる 

知らないわ そんな難しいこと

つまりこの宇宙は泡状でその様々な大きさの泡が

無数に繋がっているという理論なんだ

その大小様々な無数の宇宙が

それぞれの次元で平行して存在してるというんだ

それで何なの あの子供達がシャボン玉と一緒に

違う次元の世界からきたとでもいうの

だけど そう考えると少しはつじつまが合うんだよ

それにあの子供達 僕たちの子供の頃に良く似てたよね

僕はしばらく熱心に持論を展開した


やがてレストランを出てホテルの外に出ると

すっかり雨もあがり晴れ渡って

青い湖に綺麗な虹がかかっていた

わー虹がでてるわ なんてきれいなの 

見ると さっきの子供達が楽しそうに

虹の橋の上で手をつないで楽しそうに遊んでいる

僕は 君にも見えるの と彼女に聞いた

もちろん見えるわよ だってあれは別の世界の私達よ

きっと私達の様子を見に来たんだわ

やっと君も僕の理論をみとめたんだね


しばらく私達は虹の橋で遊んでいる子供達をみていたが

やがて虹が薄くなり消えると子供達もどこかへ行ってしまった

僕 あの子供達に名前をつけたよ

まーなんてつけたの 変な名前じゃいやよ 

シャボン玉の世界のロミオとジュリエット いいだろ

わー素敵ね それにロマンチックだわ

だけど あのロミオとジュリエット 結婚して幸せになるかしら

だってシェークスピアの物語では悲恋なのよ

なるに決まってるさ 

あの子供達 いや もう一つの世界の僕達は

みんな幸せになれる世界に住んでるんだよ

私達も幸せになりましょうね と彼女は言った

うん 今でも幸せだけどね と僕は言いながら

愛車フェラーリのエンジンをかけた

次 どこに行くの 

そうだね 近くにルネ・ラリックの美術館があるんだ

まー 素敵 私 ガラスの作品 大好きなの

私達は車の中であの子供達のことをにぎやかに話しながら

不思議な幸せな気分一杯で美術館にむかった



             詩人 友之宮 ゲーテラスカル



ネイルサロン eskrim

ブランド買取

にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

小説・詩ランキング

ブログランキング【くつろぐ】


FC2Ad

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

アライグマ時計

by Animal Clock
Anazonアクセサリー人気商品
カテゴリ
最新記事
最新コメント
詩人 ゲーテラスカル プロフィール
私はゲーテラスカルさまの執事で、詩を書いたりする意外何もできない浮世離れしたご主人様に代わりこのサイトをはじめ作品や財産管理も一切まかされておるものです。簡単にゲーテラスカル様のフロフィールを申し上げます。 ドイツとイギリス人日本人、のクウォーターらしい、生まれは九州ですが、育ちは湘南、逗子、葉山、本人曰くイギリス某オックスブリッジ大学留学中に英語をマスター、大英博物館、図書館で立ち読みにて雑学習得、博識、好きな詩人ゲーテ、シェークスピア、金子みすず、堀口大学、竹久夢二、など好きな作家はバルザック、コンラッド、アガサクリスティ、スティーブンキングなどなど幅広い。ファッションはイギリストラッドを好み女性のファッションにも詳しい。かなりのグルメでスイーツにもうるさい。作品はかなり書き溜めているようですが、気まぐれでいつ創作されるのか良くわからないので、不定期に更新していきたいとぞんじます。

ゲーテラスカル

Author:ゲーテラスカル
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
人気ホームページランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ポエムブログ 恋愛詩へ
にほんブログ村 小説・詩ランキング ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。